「運命の出会い」なんて極まれ

数年に1度、中学の同窓会に参加します。

夫婦で来られる二人もいます。

そうです、学生時代の同級生同士で結婚した夫婦です。


小学校から知っていて、多感な中学を過ごし、高校で付き合って

卒業後に結婚してる夫婦が数組いますが、

やはり、なんか雰囲気が違いますよね。

未だに友達感も残ってて、でもしっかりした夫婦で、

理想の夫婦の形だと思います。


40歳を超えた頃思った事があります。

「同級生と結婚するのが、1番自然なんだろうな~」と

ある程度素性も分かってるし、長い時間を掛けて少しずつ好きになっていくし、

何より、結構沢山の異性の中からの縁なので運命感もあると思うんです。


思い出も、大人になってから付き合った人より、

やっぱり小、中の9年間分の思い出は多いです。


大学進学のため東京に出てきました。

私は大学内での出会いは一切なく、

その頃の出会いと言えば、新しく出来た大学の友達と

地元の中野でご飯を食べたり、お酒を飲んだりして、

そこで知り合った女性達でした。

その頃から中野駅周辺は、結構若者が集まっていたので、

多少はコンスタントに出会いはありました。


社会に出たら会社内の女性社員と

時々お酒を飲みに行く程度。

女性雑貨を扱う会社でしたので、お客様との会食の方が多かったかも知れません。


20代のうちは、そんなこんなで多少の出会いはありました。


30代に入ってからです。

その頃の30代はかなりおじさん扱いでした。

びっくりするくらい、出会いとか恋愛的なものが遠くなりました。


少しのんびり構えてました。

もう出会いが無いのです!

仕事上、常に若い女性は、周りには居るんですが

なんとも恋愛になんか結びつかないんです。

たまにタイプの人と仲良くなっても、

相手がこちらを見る視線が、全然キラキラしてないんです。

240_F_100114493_Hx1P1RZRRtuBsJz39UrxLQZAy9mPZfIg.jpg


結婚の事なんて全く考えてない、高校までの18年間には

周囲に沢山の異性がいる。

30歳を過ぎて、本格的に一生の相手を探したい時には、

対象になりそうな異性との出会いがグッと減る。

この不便な流れが現実です。


周囲を見てると、どうも早くにして結婚を決めてる夫婦のほうが、

幸せ感がある人生を送ってる確率が高いように感じます。


30歳過ぎて、何人かの少ない出会いのうち、

お互いが好意を持つと言う確率は更に減り、

その中から結婚まで考えられるお相手は・・と考えると

まぐれ的確率になって来ます。


それに輪をかけて、年齢や経験分、好みもいろいろ細かくなり、

自分のペースが固まって来てる分、協調性も弱くなり

みたいな。負のスパイラル。


現在、救いの手として、

広いエリアで生活をしている、自然には出会う事のない人達が、

同じように、リアルに結婚を求めてエントリーをしている

結婚相談所と言うシステムがあります。


誠に羨ましい現実です。


これに登録をしない理由は無いと心から思っています。


本気で結婚を考える皆様、

迷わず結婚相談所を活用しましょう。