2019年は一つだけUP!

婚活中の皆様、今年1年の婚活お疲れ様でした。

先日はXmasもありました。

交際中のお相手と過ごした方もいらっしゃると思いますが、

こう言うイベント時のデートには魔物が潜んでる事も多々ありますね。

理想通りの楽しい時間を過ごして、絆を深めたカップルがいらっしゃる一方、

Xmasのプレッシャーで、なんだかちぐはぐして
チョット失敗したカップルもいらしたでしょうね。

大丈夫です!それも2人の一つの蓄積になってる事でしょうし、

Xmasデートがつまらなかったくらいで、離れて行くようなお相手なら
次の人に期待しましょう。


そして、肝心な、今年はお相手が現れなかった人!

年が明けますので、当然の如く心機一転!!

原点に戻って、謙虚に考えてみましょう。

240_F_51200384_xyg5pRzLIqdThtl3Y9F56NkB64DB0hdo.jpg

誰でも好きなタイプが一つはあるものです。

誰かから見て好みのタイプを1つ増やしてみましょう。


特に我々中高年は、年々何かが減っていっているのを実感します。

帳尻を合わせる意味でも、魅力を一つ増やす事は大切な作業だと思います。

意外に内面よりも外見とか行動面とかのほうが変わりやすいかも知れません。


身近にいる異性から自分への意見を言ってもらったりして、謙虚に参考にして

来年は一つだけ魅力UPした自分で婚活に挑みましょう。

少し疲れたと感じたら

皆さんも耳にする「婚活疲れ」。

真剣度が高いほど多くの人が感じているのかも知れません。

普段より少しお堅い服を着て、慣れない場所で、初対面の人と会って
いるわけです。それが月に4回とかになると、それは疲れてきますよね。


以前、不動産仲介業に携わった時の、お客様も、同じような状態によくなりました。

特に、時間が無いため早く決めないといけない人が多かったのですが、

自宅でもサイトで自分なりに物件を探したり、
1日でなるべく多くの物件を見たいから、何件も内見したり、
そのうち、少し条件を変更したり、そしてまた新たな条件で内見したり、
他の不動産屋にも頼んだりとか・・

頭の中で何件もの物件図面が飛び交って、
キッチンはあの物件がよく、環境はあっちの物件、部屋の雰囲気はあそこ・・
みたいな事で、心身共疲れてしまいます。


多くの出会いは当然重要だと思いますが、あくまでも疲れてストレスにならない事は
大切です。

そんな時、1度小休止!

2週間ほど活動を止めて、頭の中をリセット。

その後、婚活ノートやメモ、もしくは記憶をおさらいして、

再度、自分が望んでるお相手像を整理してみては如何でしょう。
240_F_163342363_14yhqMIxgasfstjvyIpe8XLnAAcne22V.jpg

1ヶ月に2・3回のお見合いがベターだと言われています。

いつもいい顔して、お見合いできるように上手に調整してみてください。


平成が終わります。

新年と共に、新たなスタートをみんな一緒に歩みましょう。

婚活のコストパフォーマンス

今年も残りわずかになりました。

今年は国内で何組の新婚さんが誕生したんでしょう。

その内、結婚相談所においての成婚カップルは何組だったのでしょう。

年が明けてからの統計を見るのが楽しみです。


真剣に婚活をしてても、今年は良い縁に恵まれなかった方も沢山いらっしゃる事と思います。

挫けないで、来年1年はもっともっと集中してみましょう!

もっと婚活中心の生活。

美容室もお見合いの前だけにしたり、洋服を買うのも、カジュアルよりお見合い用の物を選んだり、婚活するのもなかなかお金は掛かりますから、少しでも有効に遣いたいですよね!(やってるわ!)(すいません)


お金と言えば、婚活のコストパフォーマンス。

結婚相談所においても、「高いわ~~」「もっと安くして~~」
って言われます。

ただただ困りますが(笑)

240_F_97251208_oES9kKtl1TizcIc81RffkARjxO4rTmu8.jpg

結婚相談所への、入会金とか月会費の出費については、

・数万人の結婚希望者を対象に検索できるシステム利用の権利とか、

・私生活で出会いを捜す行動費と比べたら・・とか

いろいろな角度からの考えはあると思いますが、

中でも重要な有効費用対効果が、「時短」だと思っています。


システム画面上のプロフィールを覗くのも、ちょっとした出会いです。

断られたけど、お見合い申し込みしたお相手や、実際会ったお相手を含めると、
年間でとっても多くの人と交流できる事になります。


真面目に婚活をされてる方は、「のんびり構えてられない」と思ってる方が多いと思っています。


来年1年、可能ならば是非、生活の中の婚活より、

婚活中心の生活に少しでも近づいてみてください。

我々も頑張ります。